プエラリアが配合された製品を摂取することで起きる副作用の情報を分かりやすくまとめてみました。

プエラリアが使われたサプリ製品やクリーム製品を購入しようと考えている人は、ぜひ読んでくださいね。

1 プエラリアの摂取で副作用が起きる理由と症状について

プエラリア摂取によって副作用が起きる理由

プエラリアは主にタイやミャンマーで取れるマメ科の植物で、優れたバストアップ効果を持つ成分を含有しています。日本では、バストアップサプリやバストアップクリームなど、バストアップを目的に作られたアイテムの配合成分として頻繁に使用されています。

プエラリア_画像

現在バストアップを目的に多くの女性がこれらプエラリア配合アイテムを使用していますが、その中でプエラリアによって副作用が起きることがあります。

プエラリアによって副作用が起きる理由、それは女性ホルモンのバランスの崩壊によるものです。
プエラリアには「植物性エストロゲン」と呼ばれる成分が含まれています。女性の体内で分泌されている女性ホルモン・エストロゲンと似た働きをするこの成分をサプリを通して取り、バストアップを図るのですが、そこに1つ大きな懸念点があります。それは、女性ホルモンの分泌が活発になることでホルモンバランスが崩壊してしまうことです。プエラリアが含まれたアイテムによる副作用の発生はそのためです。

壁にもたれる女性

ただプエラリアが配合されたサプリ製品に含まれているプエラリアの量は、1日あたり100mg~400mgと副作用が起きにくい量に抑えられており、またその内のほとんどが1日のプエラリア摂取量が200~300mgになるように作られています。実際プエラリアによって副作用が起きたという人は、使用目安以上の量を使ったり、体が女性ホルモンの増加に対応しにくい時期(卵胞期以外の時期)に飲んだりしている場合がほとんどです。

ちなみに、プエラリアが配合されたバストアップクリームはサプリ製品ほど影響を与えることはありません。そこに関しては最後のコンテンツで改めて説明します。

プエラリア摂取によって起きる可能性のある副作用

プエラリアの摂取による副作用には、以下の症例が確認されています。

プエラリア摂取で起こる可能性のある副作用
生理不順
不正出血
頭痛
倦怠感、めまい、眠気
胸痛、動悸
2017年9月に厚生労働省が発表した「プエラリア・ミリフィカを原材料に含む「健康食品」の取扱いについて」という文書によると、上記の内容以外に皮膚や消化器系などの健康被害が生じた事例があると記載されています。ただ最も多いのは生理不順や不正出血といった女性ホルモンの乱れに直接的に関係のあるもので、他の副作用が起きたという事例の数はこれら2つに比べ極めて少ない傾向にあります。

2 副作用を起きにくくするために

片手でガッツポーズ

プエラリアが使われたサプリやクリームを使うときに副作用を起きにくくするには、いくつかの方法があります。
方法別に詳しく説明していきたいと思います。

①使用目安を守る
プエラリアが配合されたサプリ製品やクリーム製品には、違法性のある商品でない限り使用方法や使用目安となる量が記載されているはずです。使用量が目安量より少なくなる分には問題ありませんが、過剰に摂取するとホルモンバランスが大きく乱れ、副作用の発生率が上がってしまいます。
使用方法はもちろん、目安量も必ず守るようにしましょう。

②卵胞期に飲むようにする
卵胞期は、女性ホルモン・エストロゲンが多く分泌される時期です。エストロゲンと似た働きをするプエラリア(植物性エストロゲン)をこの時期に取ることで、体に負担をかけずに成分を十分に摂取できます。
しかしそれ以外の時期、例えばもう1つの女性ホルモン・プロゲステロンが多く分泌される黄体期に飲むようなことをすると、ホルモンバランスの崩壊が起き、副作用が起きてしまいます。
副作用が心配な方、もしくはプエラリアの効果性を十分に活かしたいという方は、なるべく卵胞期に使用するようにしましょう。

③原材料をチェックする
プエラリア摂取によって起きる可能性のある副作用のところでプエラリアによる主な副作用を紹介しましたが、実は生理不順や不正出血と同じくらいの数の健康被害事例を出している症状があります。それは「アレルギー」です。
プエラリアは普段口にしたり肌に塗ったりすることがほとんど無いものなので、アレルギー反応を起こすかどうか使ってみるまで分からない場合がほとんどです。
サプリ製品にしろクリーム製品にしろ、はじめのうちは使用量を少なめにしたりパッチテストをしたりして、アレルギーがあるかどうか慎重に調べてみましょう。

④プエラリアの配合量が少ない商品を使用する
プエラリアが配合されているバストアップサプリやバストアップクリームは、商品によって配合成分や価格、そしてプエラリアの配合量も違ってきます。つまりプエラリアが比較的少なめに配合されている商品を選ぶことで、副作用が生じる可能性が低くなるというわけです。
現在国内で販売されているサプリ製品やクリーム製品は、商品パッケージや公式サイトでプエラリアの配合量を明記しています。これらの製品を専門的に紹介している比較サイトでも確認できる場合もあります。

プエラリア配合量が少なめのバストアップサプリ
【LUNA】

LUNA_ノーマル

モンドセレクション3年連続受賞
累計販売個数40万個
★90日間全額補償(定期モニターコース利用者のみ)

美ボディづくりをしたい女性のために作られた健康サプリ。
1日あたりのプエラリア摂取量を100mgと少なめにしている分、バストアップ成分や美容成分をたっぷり配合。バストアップやエイジングケアを同時に進めることができます。
そのときに1番良い成分を体に取り入れられるよう、異なる成分と効果性を持った2種類のサプリを開発。これらを生理周期に合わせて使い分けることで、安全かつ効果的な美ボディづくりができます。
女性の体のリズムに着目して作られた、安全性の高いサプリ製品です。

【定期コース】
初回特別価格:540円(税込み)
2回め以降:6,437円(税込み)

【通常販売】
通常価格:9,698円(税込み)

3 サプリとクリーム、副作用が起きやすいのはどっち?

プエラリアが配合されたサプリ製品とクリーム製品を比べた場合、副作用の起きる可能性が多いのはサプリ製品です。理由は、プエラリアを体内に直接摂取する訳ではないからです。ただその分、クリーム製品はプエラリアによるバストアップ効果はサプリ製品よりも弱めです。
また、プエラリア配合クリームを体に塗布したときに肌に湿疹ができたり、配合成分による副作用の影響でアレルギー反応が出たりといった可能性はあります。

サプリ製品はクリーム製品に比べて効果が得やすい分副作用がやや起きやすいこと、そしてサプリもクリームも使用前にパッチテストや様子見をすることを覚えておきましょう。

白背景_美人

4 まとめ

プエラリアによる副作用発生のメカニズムや予防法、理解して覚えていただけたでしょうか。

記事の中にも書いていますが、どの製品を使うにしても使用方法や目安量、飲むタイミングなどを守れば副作用を回避できる可能性が大きく高まります。
この記事のある情報を参考に、副作用を回避しながらプエラリアの効果を得ていってくださいね☆彡

おすすめの記事