バストアップを始めようと考えている方は、まずはバストアップの仕組みや胸そのものの構造などを理解しましょう。
この記事を読めば、効率の良いバストアップが図れるはずです。
10分前後で読める記事なので、興味のある方はぜひ目を通してみてくださいね。

1 まずはバストの構造を知ろう

バストアップの仕組みより先に、知っておくべきコトがあります。それはバストそのものの構造です。
バスト、つまり女性の胸はこのような構造になっています。
バスト_構造引用元:http://web-nottv.jp/bustup-kiso/

大胸筋…脂肪を支える土台となる筋肉。普段あまり使われない筋肉なので、ある程度鍛えておかないと加齢に伴い脂肪(バスト)の垂れにつながることに。筋トレを通して鍛えられる。
乳腺バストアップに欠かせない部位。母乳を生成するという、女性として非常に大事な部位でもある。
小葉…乳腺から枝分かれしたもの。ここで乳汁が作られる。
脂肪…3大栄養素の1つ。乳腺の周りにつく脂肪は「乳腺脂肪」と呼ばれる。乳腺が発達することで乳腺脂肪がつきやすくなるという特徴がある。
クーパー靭帯…乳腺脂肪が下に落ちないために働いている器官。他の靭帯より脆いという特徴があり、また一度損傷してしまうと修復不可。普段からナイトブラを着用することでそれを予防できる。

よく「バストは脂肪でできている」と言いますが、細かく言うと「脂肪9割・乳腺1割」という割合となっています。
乳腺は腺組織の1つで、塊として乳房1つに15~20ほど存在し、乳頭を中心に全体に広がっています。乳腺の数に大きな個人差がありませんし、バストの大きさにも大して影響していません。ただ、乳腺の発達はバストアップに大きな影響を与えます。次のコンテンツで詳しく紹介します。

2 簡単に分かる!バストアップの仕組み

このコンテンツでは、バストアップの仕組みを紹介しています。その前に、思春期に訪れる胸の成長について簡単に説明します。

思春期から成人期にかけての胸の成長について

女性の胸が著しく成長するのは、主に思春期から成人期にかけての時期です。

第一段階▶思春期前。まだ乳房は膨らんでいない
第二段階▶女性ホルモンの分泌が活発になり、乳輪付近の脂肪組織が増えた状態。
第三段階▶乳腺の周りに脂肪が付き、乳房全体にボリュームが出た状態
第四段階▶乳輪が盛り上がった状態
第五段階▶大人の体になった状態

上の五段階の成長過程は、思春期の体の変化を説明する際に頻繁に用いられる「Tanner分類」というものを参考にして書きました。

これを元に説明すると、成人になっても胸が小さいままの女性は、この時期に女性ホルモンのバランスが崩れたからだと考えられます。具体的に言うと、女性ホルモン・エストロゲンの分泌が少ないせいで乳腺があまり増殖せず、それにより胸に脂肪がつかなかった…という仕組みになります。

エストロゲンの分泌が少なくなったりホルモンバランスが乱れたりする原因は、部活での激しい運動、睡眠不足、思春特有のイライラ・モヤモヤなどがあります。
成人期における胸の小さい・大きいには、もちろん遺伝的要因や食生活、脂肪量なども関係してきます。ただ自然的な胸の成長に限定すれば、上の内容によるものが大部分を占めると言っていいでしょう。

バストアップの鍵はエストロゲンの分泌促進

思春期から成人期にかけての胸の成長において、女性ホルモン・エストロゲンの存在はかなり大きなものだと説明しました。実はエストロゲンは意図的なバストアップにも大きく関わってきます。
結論から言うと、エストロゲンの分泌量を増やせばバストアップに成功します。メカニズムは以下の通りです。

①エストロゲンの分泌を促進させる
②エストロゲンの分泌及び増加により乳腺が刺激される
③乳腺が発達し、乳腺の周りに脂肪がつく

バストアップマッサージは胸(乳腺)に直接的に刺激を与えて女性ホルモンを分泌させる行為。バストアップに良いとされる栄養素、イソフラボンやエクオールはエストロゲンと似た働きを体に与える成分として知られています。世の中にある様々なバストアップ方法……例えばバストアップマッサージであったりバストアップに良いとされる栄養素の食事への取り入れだったり、これらはどちらも女性ホルモンを増やすためのものです。

改めて簡潔に書きますが、成長が止まった状態のバストでも、こちらから積極的にエストロゲンの分泌を促していけば成長させられます。

【ミニコラム】生理前に胸が大きくなったと感じるのはなぜ?

「なんか胸が張ってきたなぁ…そろそろ生理が来るかも」
これ、女性の多くが感じることだと思います。実はこの現象にも女性ホルモンが大きく関わっています。と言っても、上のほうで紹介したエストロゲンではありません。「プロゲステロン」という種類の女性ホルモンです。

子宮内膜の周期的な変化は卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の変動によってもたらされますが、このとき乳房もこれらの女性ホルモンからの影響を受けています。特にプロゲステロンは乳房に強く働きかけ、その結果乳腺と乳腺の間にいわゆる「浮腫み」を起こします。これが生理前に胸が張る現象の正体です。

胸を大きくする方法_グラフ引用元:https://www.zakuroya.com/column/c_horumon3.html

3 結局のところ1番効果的なバストアップ方法って何なの?

マッサージや筋トレ、サプリにナイトブラなど、バストアップに良いとされるものはいくつも存在します。
数あるバストアップ方法の中でも、特に大きな効果が得られるのはバストアップマッサージやバストアップサプリです。これらに共通しているのは、どちらも女性ホルモン・エストロゲンを増やすのに効果的だということです。

もちろんナイトブラにはナイトブラの、サプリにはサプリのメリットがあります。
そこで、これらの特徴を簡単に説明します。

【効果抜群】バストアップマッサージとバストアップサプリについて

バストアップマッサージとバストアップサプリの特徴を簡単にまとめてみました。

バストアップマッサージの特徴・メリット
・乳腺が直接的に刺激される
・リンパや血液の流れが良くなり、胸に栄養やホルモンが行き届きやすくなる
・自宅で気軽に行える
バストアップサプリの特徴・メリット
・エストロゲンと似た働きをする栄養素を外部から手軽に取り入れられる
・即効性が比較的高め

それぞれエストロゲン増加やそれに近い状態に持っていくのに大きな効果が得られる方法と言えます。バストアップマッサージは正しいやり方でやらないと十分な効果が得られませんが、それを守り、かつ毎日行うようにすれば着実に大きくできます。

バストアップサプリはマッサージや筋トレをする時間が無い、という方にオススメの方法です。毎日空いた時間にサッと飲むだけでOKですし、持ち運ぶようにすれば自宅以外の場所でも使用できるというメリットがあります。

効果性に関しても、最近のバストアップサプリには「プエラリア」という高いバストアップ効果を持つ成分が使われていることが多く、口コミサイトでもその効果性を絶賛する声が相次いでいます。

ベルタプエラリア
ベルタプエラリアの画像プエラリアがたっぷり詰まった人気サプリ。
定期コースならいろいろなおまけが付いて6,980円(税込み)とかなりお買い得です。
単品価格9,980円(税込み)
定期コース6,980円(税込み)

筋トレやナイトブラにバストアップ効果は無いの?

結論から言うと、筋トレ・ナイトブラのどちらもバストアップ効果がある方法・アイテムですが、効果の出方や意味合いが上の2つ(マッサージ・サプリ)と違ってきます。
バストアップ効果のある筋トレとして紹介されているもののほとんどは、エストロゲンの分泌促進ではなく、大胸筋を鍛えることを目的としたものです。1 まずはバストの構造を知ろうのとろこでも紹介しましたが、大胸筋は胸の脂肪を支える働きを持つ筋肉です。この筋肉を鍛えることで、胸の垂れを予防でき、さらに上向きのきれいなバストに仕上げられます。

ナイトブラの効果も筋トレのそれとやや似ており、「胸の垂れや離れ乳を防ぐ」という目的のもと使用するアイテムとなっています。ただ、ナイトブラの中にはバストアップ効果を取り入れているものもあります。

クリスチャンマリア

クリスチャンマリアの宣伝画像引用元:goo.gl/e7WRov

AAカップ~Cカップの女性に向けて作られた、バストアップ効果を持つナイトブラ。着用するだけでリンパの巡り促進やツボ押しなどのバストアップ効果が得られるようになっています。
単品価格:4,277円(税込み)

1番のおすすめは複数のバストアップ方法を組み合わせること!

上のほうでいくつかのバストアップ方法を紹介しましたが、どの方法もやり方が違うのはもちろん、得られる効果も効果を実感できるまでの期間も違ってきます。

短期間で大きなバストアップ効果を得たい方は、ここで紹介したものを中心に複数の方法を同時に行うことをおすすめします。

「バストアップマッサージ+バストアップサプリ」「バストアップサプリ+筋トレ」など、組み合わせ方はいろいろ。就寝前にバストケアクリームを塗りながらマッサージをするのも効果的です。

4 まとめ

バストアップの仕組み、そしてバストの構造、理解していただけたでしょうか。
バストアップだけでなく、ダイエットや筋トレなどの体に大きな変化をもたらす行為は、目的やメカニズムなどを理解した上で行うことでより高い効果が期待できます。

この記事にあることを参考にして、効果的に、そして過程を楽しみながらバストアップに臨んでくださいね。

おすすめの記事