バストの大きさがコンプレックスである、どうにかして今より小さくしたい……という方のために、バストを小さくさせる食べ物や成分に関する情報を集めました。
どれもスーパーで手軽に購入でき、また記事にはそれを材料とした簡単レシピも紹介しているので、食生活を通してバストダウンを図りたい方はぜひ参考にしてくださいね。

1 バストを小さくするのにアブラナ科の野菜が良い理由

バストを小さくする効果を持つ代表的な食べ物に、アブラナ科の野菜があります。なぜアブラナ科の野菜がバストダウンに効果的なのか、その理由を分かりやすく説明します。

アブラナ科の野菜に含まれる「インドール」がバストダウンに効果的!

菜の花畑アブラナ科の野菜には、「インドール」という成分が含まれています。インドールの特徴の1つに「女性ホルモンの過剰分泌抑制」というものがありますが、これがバストダウンと大きく関わってくるのです。

女性ホルモンは一定のリズムで卵巣から分泌されるもので、主に心身の健康を支えたり女性らしい体をつくったりといった作用を働きます。女性ホルモンはバストの成長とも大きく関係しており、プロゲステロンは乳腺の形成を、エストロゲンはそれを発達する働きを持っています。

バストアップマッサージやバストアップサプリは、いずれも女性ホルモンや女性ホルモンに似た成分(イソフラボン、エクオールなど)を取り入れたり分泌を促進させたりすることを目的としているくらいです。
ただ女性ホルモンは、過剰分泌や乱れによって体に水分や脂肪を溜め込んでしまったりといった影響を与えることもあります。それによってバストが大きくなることも十分考えられるのです。
胸に手を当て祈っているように見える女性の画像

話をインドールに戻しますが、この成分には女性ホルモンの過剰分泌を抑える効果があります。つまりインドールが含まれた食材を積極的に取ることで、体に脂肪がつきにくくなるということです。
アブラナ科の野菜を食べ続ければバストがどんどん小さくなる……とは明言できませんが、少なくともバストが成長したり体に脂肪がついたりすることはしっかり防げます。また、運動やマッサージといった他のバストダウン方法を併行して行えば、十分なバストダウン効果が期待できます。

2 アブラナ科のおすすめ野菜&おすすめレシピ

アブラナ科の野菜には、大根、ブロッコリー、キャベツなど、わたしたちが普段目や口にしているものがいくつもあります。

ただ、どの野菜もバストダウンに効果的……というわけではありません。アブラナ科の野菜の1つであるキャベツにはバストアップ効果がある「ボロン」という成分が含まれています。つまり料理に取り入れやすいという理由でキャベツを食べまくると、バストダウンどころかバストアップしてしまうというわけです。
また、バストダウンの鍵を握る成分・インドールも、火を通すと従来の働きが失われるという特徴を持っています。

アブラナ科の野菜を使ってバストダウンを図るときの注意点
◎キャベツの使用はNG
◎生の状態で調理すること

以下にバストダウンが望めるおすすめのアブラナ科の野菜、そしてそれを使った料理&レシピを載せています。上の2つの点を押さえた内容になっているので、普段の食事に積極的に取り入れてくださいね。

バストダウン効果が得られるアブラナ科のおすすめ野菜

これから紹介する野菜は、いずれもアブラナ科の野菜で、かつ普段の料理として取り入れやすいものです。
簡単レシピと一緒に紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

白菜

白菜の画像インドールに加え、ビタミンKやカリウム、カルシウムを豊富に含んだ野菜です。バストダウン効果をはじめ、がん、心筋梗塞、高血圧などの予防効果も持ちあわせています。

やみつき間違いなし!生白菜の塩だれサラダ

【材料(2人分)】
白菜 大1枚
粗挽き黒こしょう 適量
*ごま油 大さじ1
*みりん 小さじ1/2
*しょうゆ 小さじ1/2
*塩 小さじ1/2

【作り方】

  1. 白菜を食べやすい大きさにちぎります。
  2. ボウルにごま油、みりん、しょうゆ、塩を混ぜ合わせ、塩だれを作ります。
  3. 2に1を入れ、あえます。
  4. 器に盛り、粗挽き黒こしょうを振りかけて完成です。

大根

大根の画像サラダやおでん、ぶり大根など、食卓に並ぶ機会の多い大根も、れっきとしたアブラナ科の野菜です。もちろんインドールも含まれています。
こちらも白菜同様、バストダウン効果や高血圧予防などの効果が得られることが分かっています。

シーチキンとマヨネーズが食欲をそそる!簡単大根サラダ

【材料(1人分)】
大根 350g
きゅうり 1/2本
シーチキン 1巻
塩コショウ 少々
マヨネーズ 大さじ3
レモン汁 少々

【作り方】

  1. 大根を洗い、スライサーで千切りにします。
  2. 水を入れたボウルに塩を少し入れ、そこに1を入れさらします。
  3. ある程度さらしたら、ざるに入れて改めて軽く洗い流します。
  4. 大根の水気を絞ります。
  5. きゅうりをスライサーにかけ、それを4の上に乗せます。
  6. 塩コショウを適量まぶし、混ぜ合わせます。
  7. 6にマヨネーズを投入します。
  8. レモン汁をかけて完成です。

かぶ

大根の画像食材としての使用頻度はそこまで多くありませんが、カリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれた成分です。
バストダウン効果はもちろん、中に含まれたビタミンとアミラーゼによる風邪予防効果も同時に得られます。

お弁当におかずにピッタリ お手軽千枚漬け

【材料(1人分)】
かぶ 1/4
*作り置きにしていた甘酢 大さじ2
*赤唐辛子(刻み) 1/2本分
*昆布(2.5cm角) 1枚

【作り方】

  1. かぶの皮を剥き、スライサーで薄く切ります。
  2. 昆布を調理バサミで2~3mmの棒状に切ります。
  3. 作り置きにしていた甘酢、赤唐辛子、2の昆布を混ぜ合わせます。
  4. かぶを塩もみし、水気が出てきたタイミングで絞ります。
  5. 器に「かぶ半分→3の半分→かぶの残り半分→3の残り半分」を重ねます。
  6. 密着ラップをして一晩寝かせて完成です。

白菜、大根、かぶ以外のアブラナ科の野菜

上で挙げた3つの野菜以外にも、アブラナ科に括られる野菜は何種類も存在します。

・ブロッコリー
・ラディッシュ
・かいわれ大根
・クレソン
・高菜
・カリフラワー
・チンゲンサイ
・水菜
・小松菜
・菜の花
・ケール

上の3つの野菜やこれらの野菜を積極的に取り入れるようにすれば、体がバストダウンしやすい状態へと変化していきます。バストダウンの固化性を高めたい方は、マッサージや脂肪燃焼クリーム・スリミングジェルなどの使用も併行させましょう。

重ね重ねになりますが、インドールは火を通してしまうと従来の効果が得られなくなってしまうので、そこは十分注意してくださいね。

3 まだまだある!バストダウン効果が望める食べ物&飲み物

「バストダウン効果が得られるもの=アブラナ科の野菜」という感じで紹介してきましたが、バストダウン効果が期待できるものは他にもまだまだあります。
最後にその食べ物・飲み物を紹介したいと思います。

①柑橘類…柑橘類に含まれるd-リモネンという成分が女性ホルモン・エストロゲンを解毒するため。

代表的な柑橘類
・レモン
・オレンジ
・グレープフルーツ
・ベルガモット

レモンを持つ女性

②緑茶…緑茶に含まれるカテキンがエストロゲンの減少をもたらすことが分かっています。詳しいメカニズムはいまだ判明していませんが、カテキンがエストロゲンの分泌を抑えているか、もしくは緑茶に含まれるタモキシフェンという成分が抗エストロゲン効果を上げているのでは、と言われています。

他にも、きのこ明日葉に含まれるカルコン亜鉛などがバストダウン効果に役立つことが分かっています。
緑茶とうちわ

4 まとめ

アブラナ科の野菜を中心に、バストダウン効果が得られる食べ物・成分を紹介させていただきました。ここで紹介している方法にマッサージや脂肪燃焼クリームなどの使用を組み合わせれば、より効果的なバストダウンが期待できます。

バストを小さくさせたいという方は、アブラナ科の野菜やバストダウン効果が得られる他の食材を積極的に取り入れてくださいね☆彡

おすすめの記事