バストを小さくさせる方法の1つに「運動」があります。
バストダウンを図りたい方のために、バストを小さくさせるのに効果的な運動と、それを行うときのポイントをまとめました。

1 運動によってバストが小さくなるメカニズム

バストは脂肪と乳腺という組織で構造されていますが、全体の9割が脂肪でできています。つまり、そこの脂肪を落とせば必然的にバストが小さくなるのです。

ただ大前提として、運動によって「バストのみを小さくする」というのはほぼ不可能です。また、その運動もどれでも良いわけではありません。
バストダウンに効果的な運動を続ければ、全身の余分な脂肪と一緒にバストの脂肪も落ちる、というわけです。

さわやか_朝食

2 バストを小さくしたい人にオススメの運動

バストを小さくするのに効果的な運動、それは有酸素運動です。有酸素運動は脂肪の燃焼に効果的で、かつ体についた余分な脂肪をエネルギーに変えるというメリットも得られます。
これから紹介する有酸素運動はどれも運動初心者に適した難易度の低いものなので、どなたでもすぐに始められます。

バストダウンに適した運動①【縄跳び】

縄跳びはバストダウンにかなり効果的な運動です。理由として「有酸素運動である」「特に難しくなく誰でも毎日楽に続けられる」の2点が挙げられますが、これらの理由とは別に「バストが頻繁に揺れる」という理由も大きく影響しています。
脂肪には、揺れれば揺れるほど燃焼しやすくなるという特徴があります。縄跳びはその特徴が見事に当てはまる運動なのです。
つまりバスト以外にも脂肪が多く付いている部分があれば、そこの脂肪も一緒に落とせると言えます。
バストダウンに励む女性やダイエッターにはベストな運動と言えます。

縄跳び_画像

★ここを意識すればバストダウン効果UP!★

◎素材選びにこだわろう
オススメの素材はビニール製かビーズロープ製。体に適度な負荷を与え、かつ耐久性にも優れています。

◎体に負担をかけない跳び方を守る
基本的な跳び方は、必要以上に高く跳ばないことと、肩の力を抜くこと。グリップを強く握りすぎないようにも注意しましょう。

◎効果が現れるのは「1日10分」から
縄跳びによる脂肪燃焼効果が得られるのは1日10分からだと言われています。肥満体の人や運動に慣れていない人が長時間続けると、膝を痛める原因になることも。
毎日10分間続けるだけでも十分な効果が得られます。これを2セットやればより効果的です。

★縄跳びを行うときの注意点★

△スポーツブラを着用する
縄跳びによる脂肪の揺れは結構激しめです。ノーブラの状態や普通のブラの状態でやったりした場合、カップ内でバストが暴れ、バストを上向きに保つための靭帯・クーパー靭帯が損傷し、バストの垂れを生んでしまう恐れがあります。
スポーツブラを着用すればバストがカップ内でしっかりホールドされた状態になるので、バスト全体が固定されながら揺れる(脂肪が燃焼される)ようになります。

バストダウンに適した運動②【ウォーキング】

有酸素運動の代表格とも言えるウォーキングは、縄跳び同様誰でも長く続けられる手軽な運動の1つです。縄跳びと違って道具も使いませんし、また人の目を気にすることもありません。「ウォーキングのための時間を作れない」という方は、通勤時にわざと遠回りしたり、バスや電車の降りるタイミングをひと駅分ずらしたりといったやり方でもOKです。

ウォーキングの場合、1日30分で十分な脂肪燃焼/バストダウン効果が得られます。

ウォーキング_靴

★ここを意識すればバストダウン効果UP!★

◎背筋を伸ばして歩く
猫背の状態で歩くと、バスト周辺のリンパ節に老廃物が溜まったり、バストの下垂の原因になったりする恐れがあります。背筋をまっすぐ伸ばして歩くようにしましょう。歩幅を大きく取ればより効果が上がります。

◎"やや"お腹が空いた状態で行おう
小腹が空いたときにウォーキングを行うことで、体が脂肪をエネルギー源として使おうとします。その結果脂肪燃焼効果が上がり、効果的なバストアップが図れるようになります。

★ウォーキングを行うときの注意点★

△足にフィットした靴で行う
サイズが合っていないと、靴ずれや転倒などのトラブルに見舞われる恐れがあります。サイズの確認や靴紐のほどけなどには十分目を見張りましょう。

△水分補給の徹底
「短時間だから大丈夫」という気持ちでいると、脱水症状を起こす可能性が高まります。特に夏場は短時間のウォーキングでもあっという間に体の水分が失われる傾向にあります。
ウォーキングの前や後にはしっかり水分を取っておきましょう。

バストダウンに適した運動③【ジョギング】

ジョギングの大きなメリットとして、「筋肉を鍛えられる」という特徴があります。筋肉を鍛えられると、それに伴い脂肪燃焼効果も上がります。つまりバストダウン効果がウォーキングより高い、ということです。

ただジョギングは縄跳びやウォーキングよりハードな運動です。体に大きな負担をかけず、またストレスを蓄積しないためにも、息を激しく切らすようなペースで走るようなことはせず無理の無いペースに抑えましょう。
運動初心者は1日10分で十分です。慣れてきたら15分、20分と長くしていってください。またジョギングはウォーキングに比べて膝にかかる負担も大きいので、体が十分に慣れてきたタイミングで時間を伸ばすようにしてください。

ジョギング_靴

★ここを意識すればバストダウン効果UP!★

◎「ランニング」にならないように注意する
早歩きの延長レベルがジョギングで、話しながらだとキツいというレベルがランニングになります。バストダウンを目的とした運動であればジョギングで十分です。キツい思いをせず、定期的に続けられます。

◎朝に行うのがベスト
朝にジョギングを行うことで、体内時計のリセットを図れます。これにより脳が目覚め、その日1日活発に活動できるように整えてくれます。
健康体を維持しながら効果的にバストダウンに励むためにも、なるべく朝に行うようにしましょう。

★ジョギングを行うときの注意点★

△毎日やる必要は無い
ランニングは他の運動よりハードである分、筋肉も疲労しやすい傾向にあります。だから縄跳びやウォーキングみたいに毎日行う必要はありません。週に3日~4日でOKです。

△スポーツブラを着用する
縄跳びのところでも書きましたが、バストがカップの中で激しく揺れてしまうと、クーパー靭帯の損傷に繋がる恐れがあります。ジョギングはウォーキングよりも体の動きが激しいため、よりその可能性も高まります。
バストの下垂の原因を生まないためにも、運動前には必ずスポーツブラを着用するようにしましょう。ここで紹介した3つの運動以外をするときも同様です。

ジニエブラ
ジニエブラ_楽天

世界累計販売枚数が8,000万枚を突破しているジニエシリーズの1つ。
抜群の伸縮性とノンワイヤーのブラが運動時のバストを優しく保護してくれます。オリジナルパッドによる美バスト効果も。
履き回しに便利な3枚セットは税込み5,533円とかなりリーズナブルな価格となっています。

ジニエブラ3枚セット *30日間交換保証付き
5,533円(税込み/送料無料)

3 まとめ

バストアップを成功させるのが難しいように、バストを小さくさせるのも簡単ではありません。それは今この記事を読んでいる人が1番理解していると思います。

ここで紹介している運動を複数行う必要はありません。どれか1つ、ポイントを守って定期的に行うだけで十分なバストダウン効果が得られます。

理想の大きさまでバストを小さくさせるために、自分に合った運動でバストダウンに励んでくださいね。応援しています☆彡

ガッツポーズをする女性

おすすめの記事