気になる年齢肌ケア

目を閉じる女性

妊娠してしばらくすると、お腹が大きくなったのに伴い、妊娠線のできる人がいます。これは皮下脂肪が大きくなったせいで皮膚が裂けたのが原因です。これを予防するには体重をゆっくりと増やしていくことが大切です。また、肌の乾燥を防ぐためのケアが必要です。

原因知っておこう

年齢が進むにつれて気になってくるのが顔のシワです。笑った時に目尻にできる笑いジワなどは表情ジワと呼ばれており、同じ動きをするのでどんどん深くなっていきます。また表情ジワとは別に顔を近くでみると細かなシワが見えていたらそれはちりめんジワになります。シワができると老けて見えてしまうのですが、毎日のスキンケアによって改善することができるのです。まず改善するためには、シワの原因について理解することが重要です。シワは肌が乾燥したり加齢によって潤い成分が失われたりすることによってできやすくなります。現在使っている化粧品ではシワ対策できない場合は、シワが気になるポイントに美容液を追加し集中的なケアを行うと効果的になります。また、シワと同じように年齡が進むに連れて表れるのがシミやくすみなどです。シミやくすみは色素沈着などで起こることが多いので美白化粧品などを利用すると改善する可能性があります。美白化粧品は洗顔料や美容液などとして販売されていることが多いので洗顔料や美容液をしっかりチェックしましょう。

スキンケアを工夫する

美容液は化粧水とはまた違った役割を持っており、肌の悩みを改善してくれる成分がぎゅっと濃縮されています。そのため化粧水よりも高価であり、また量も少なくなっている傾向にあります。シワは年齢と共に増えてしまうのは誰でも同じ事です。しかしいつものスキンケアに美容液をプラスするなど工夫することによって若々しい肌を取り戻すことができるようになるのです。シワに効果的な美容液は沢山販売されており、目元の小じわ、ほうれい線などシワが気になる箇所にポイントでつけることによって通常のスキンケアよりもさらに高い効果を得ることができます。美容液は高いので肌に合わなかったらもったいない、と手が出しにくくなっている場合には、試供品をもらってきたり、返金保証がある美容液を使ったりするなどで、化粧品購入のコストを削減できます。

妊娠中の肌のトラブル

顔に手を当てる女の人

妊娠してしばらくすると、お腹が大きくなったのに伴い、妊娠線のできる人がいます。これは皮下脂肪が大きくなったせいで皮膚が裂けたのが原因です。これを予防するには体重をゆっくりと増やしていくことが大切です。また、肌の乾燥を防ぐためのケアが必要です。

その状態と原因とは

妊婦の中には、妊娠からある程度の期間が経過してから、妊娠線ができる人がいます。赤いミミズ腫れのような線がお腹にできるのです。その線の本数や形状は人さまざまです。これができてしまったら治すのはとても大変です。最初は赤紫だった色が後には白っぽく浮き出た線になって残ります。この妊娠線のせいで露出の多い服や、水着を着ることをためらっている女性も多いはずです。妊娠線は、皮下脂肪が大きくなったためその上の真皮に亀裂が入ったことによってできます。これはもともと皮下脂肪の多い人がなりやすいと言われています。また、乾燥肌の人も肌に潤いがないため亀裂が起きやすいのです。それに、双子など複数の胎児を妊娠している場合も起こりやすいと言われています。妊娠線は治癒が難しいので予防が大切です。

おすすめの記事